【2024年】ゲーム用におすすめなiPadを厳選しました

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、よた(@yotalog_ag)です。

この記事では、ゲーム用におすすめのiPadを、ゲーマーでありiPadオタクである筆者が厳選しました。

快適にゲームを楽しみたい人は、ぜひこの記事を参考にiPadを選んでください。

目次

迷ったらこれ!筆者イチオシのゲーム用iPad

この記事では予算やプレイしたいゲーム別におすすめのiPadを紹介しますが、「詳しいことはわからないからとりあえずおすすめを教えてくれ」という人向けに、筆者イチオシのiPadを3つに厳選しました。

この中から予算に合わせて選ぶのがいいでしょう。

スクロールできます
筆者イチオシのゲーム用iPad販売価格(税込)
※2024年7月時点
おすすめポイント

iPad Air
(第3世代)
3.5万〜5万円
(中古)
軽めの3D〜2Dゲームまで快適
3万円台で購入できる
イオシス
楽天

iPad Pro
11インチ
(第3世代)
168,800〜340,800円
(新品)
3Dゲームを最高設定で遊べる
OLEDの超美麗ディスプレイ
Amazon
楽天

iPad Air
13インチ
128,800〜216,800円
(新品)
高性能なM2チップ搭載

13インチの大画面でゲームができる
Amazon
楽天

3〜4万円台で買えるおすすめのゲーム用iPad

iPad Air(第3世代):3万円台でゲームを快適に楽しめる

ここがおすすめ
  • ほとんどの2Dゲームを高設定で快適に遊べる
  • 10.5インチの程よいサイズ感でゲームがしやすい
  • 3万円台のお手頃価格で入手できる

3万円台で買えるゲーム用iPadでイチオシなのは、iPad Air(第3世代)です。

A12チップ搭載で軽めの3Dゲームから2Dゲームまで幅広く遊ぶことができ、中古販売価格は3.5万〜5万円(2024年7月時点)とお手頃価格。

音ゲーの中ではかなり処理が重いプロセカを軽量設定で快適にプレイすることができ、原神クラスのゲームも低設定なら問題なく遊ぶことができます。

3Dゲームを快適に遊ぶとなるとスペック不足ではありますが、2Dゲーム用として低価格のタブレットを探しているならiPad Air(第3世代)を使ってみてはいかがでしょうか。

よた

2Dゲームに対しての安心感はかなり高いです。

iPad Air(第3世代)の詳しい概要はこちら

iPad Air(第3世代)の概要
対応OSiPadOS 17
(iPadOS 18対応予定)
容量・64GB
・256GB
サイズ250.6×174.1×6.1mm
重量456g
ディスプレイサイズ10.5インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,224×1,668px
チップA12 Bionic
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
2,900
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
1,500
メモリ3GB
バッテリー約8,100mAh
オーディオ・2スピーカー(モノラル)
・ヘッドフォンオーディオジャック(3.5mm)
認証方法Touch ID
充電コネクタLightning
販売価格(税込)※2024年7月時点中古:3.5万〜5万円
こちらの記事もおすすめ

ほかにはこんなゲーム用iPadもおすすめ

iPad(第9世代):2Dゲーム〜3Dゲームまで快適に遊べる

ここがおすすめ
  • 2Dゲーム〜3Dゲームまで幅広く遊べる
  • 10.2インチの程よいサイズ感でゲームがしやすい
  • 4万円台で買える
よた

4万円台でほとんどのゲームを快適に遊べます。

iPad(第9世代)の詳しい概要はこちら

iPad(第9世代)の概要
対応OSiPadOS 17
(iPadOS 18対応予定)
容量・64GB
・256GB
サイズ250.6×174.1×7.5mm
重量487g
ディスプレイサイズ10.2インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,160×1,620px
チップA13 Bionic
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
3,100
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
1,900
メモリ3GB
バッテリー約8,700mAh
オーディオ・2スピーカー(モノラル)
・ヘッドフォンオーディオジャック(3.5mm)
認証方法Touch ID
充電コネクタLightning
販売価格(税込)※2024年7月時点新品:49,800〜71,800円
中古:4.5万〜6.5万円

iPad mini(第5世代):読書用にも向いてる小型サイズ

ここがおすすめ
  • ほとんどの2Dゲームを高設定で快適に遊べる
  • 持ち運びに最適なサイズ感
  • 3万円台のお手頃価格で入手できる
よた

持ち運びに便利なサイズ感が魅力です。

iPad mini(第5世代)の詳しい概要はこちら

iPad mini(第5世代)の概要
対応OSiPadOS 17
(iPadOS 18対応予定)
容量・64GB
・256GB
サイズ203.2×134.8×6.1mm
重量300g
ディスプレイサイズ7.9インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,048×1,536px
チップA12 Bionic
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
2,900
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
1,500
メモリ3GB
バッテリー約5,100mAh
オーディオ・2スピーカー(モノラル)
・ヘッドフォンオーディオジャック(3.5mm)
認証方法Touch ID
充電コネクタLightning
販売価格(税込)※2024年7月時点中古:3.5万〜5.5万円

最高設定でゲームを快適に楽しみたい人向けのおすすめiPad

iPad Pro 11インチ(第5世代):PCクラスの最高スペック

ここがおすすめ
  • ほとんどの3Dゲームを最高設定で楽しめる
  • ステージマネージャ機能でほかのゲームも同時に遊べる
  • OLEDディスプレイで超美麗なグラフィック

とにかく最高のスペックでゲームを楽しみたいなら、イチオシのiPadはiPad Pro 11インチ(第5世代)です。

PCと遜色のないM4チップ搭載で、原神やスタレのような3Dゲームはもちろん、M1以降のチップを搭載したiPadでしか遊べないバイオシリーズなどのゲームも、快適に遊ぶことができます。

さらにステージマネージャにも対応しており、攻略サイトを見ながら作業をすすめたりほかのゲームと同時進行でゲームができたりとマルチタスクな用途にも対応しています。

さらに、OLEDディスプレイでよりはっきりとしたコントラストで美麗なゲーム映像を楽しめます。

よた

お金に糸目をつけないなら最高の機種です。

【Apple】iPad Pro 11インチ(第5世代)の詳しい概要はこちら

iPad Pro 11インチ(第5世代)の概要
OSiPadOS 17
(iPadOS 18対応予定)
容量・256GB
・512GB
・1TB
・2TB
サイズ249.7×177.5×5.3mm
重量444g
ディスプレイサイズ11インチ
リフレッシュレート120Hz
解像度2,420×1,668px
チップM4
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
13,500
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
8,600
メモリ・8GB
・16GB
バッテリー約8,400mAh
オーディオ4スピーカー(ステレオ)
認証方法FACE ID
充電コネクタUSB-C(Thunderbolt)
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:168,800〜340,800円
(オプションで+16,000円)

ほかにはこんなゲーム用iPadもおすすめ

iPad Air 11インチ:原神クラスのゲームも最高画質で楽しめる

ここがおすすめ
  • M2チップ搭載で原神クラスのゲームも快適
  • 10万円以内でiPad Proに近い使用感
  • ステージマネージャ機能でほかのゲームも同時に遊べる
よた

コスパよくどのゲームも快適にプレイできます。

iPad Air 11インチの詳しい概要はこちら

iPad Air 11インチの概要
OSiPadOS 17
(iPadOS 18対応予定)
容量・128GB
・256GB
・512GB
・1TB
サイズ247.6×178.5×6.1mm
重量462g
ディスプレイサイズ11インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,360×1,640px
チップM2チップ
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
9,800
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
6,000
メモリ8GB
バッテリー約7,800mAh
オーディオ2スピーカー(ステレオ)
認証方法Touch ID
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:98,800〜186,800円

iPad Pro 11インチ(第3世代):M1チップ×120HzディスプレイでFPSも快適

ここがおすすめ
  • 120Hzのリフレッシュレートに対応
  • 高性能なM1チップを搭載
  • 4スピーカーでの立体的なサウンドでゲームへの没入感UP
よた

120Hzのリフレッシュレートでfpsや音ゲー用にもおすすめです。

iPad Pro 11インチ(第3世代)の詳しい概要はこちら

iPad Pro 11インチ(第3世代)の概要
OSiPadOS 17
(iPadOS 18対応予定)
容量・128GB
・256GB
・512GB
・1TB
・2TB
サイズ247.6×178.5×5.9mm
重量466g
ディスプレイサイズ11インチ
リフレッシュレート120Hz
解像度2,388×1,668px
チップM1チップ
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
7,900
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
4,900
メモリ8GB(1・2TBのみ16GB)
バッテリー約7,700mAh
オーディオ4スピーカー(ステレオ)
認証方法FACE ID
充電コネクタUSB-C(Thunderbolt)
販売価格(税込) ※2024年7月時点整備済み品:10万〜18万円
中古:8.5万〜12万円

大画面でゲームを楽しみたい人向けのおすすめiPad

iPad Air 13インチ:大画面でゲームを最高設定で楽しめる

ここがおすすめ
  • 3Dゲームを最高設定で快適に楽しめる
  • 中古なら10万円以内で買える
  • ステージマネージャでマルチタスクにも対応

13インチで3Dゲームを最大限楽しみたいならイチオシのiPadは、iPad Air 13インチです。

M2チップ搭載で原神やスタレのような3Dゲームを最高設定で快適に楽しむことができ、iPad Proに近い使用感で遊ぶことができます。

リフレッシュレートは60Hzまでしか対応していませんが、あまりfpsが影響しないようなゲームであれば60fpsでも十分グラフィックを楽しむことができます。

FPSゲームでも画面が大きい方が有利を取れるシーンもあるため、人によってはリフレッシュレートよりディスプレイサイズを優先した方がいい場合もあります。

予算を抑えつつ大画面でゲームを楽しみたいなら、iPad Air 13インチは間違いなくおすすめです。

よた

ゲーム用だけでなくクリエイティブ用としても使うなら最適です。

iPad Air 13インチの詳しい概要はこちら

iPad Air 13インチの概要
OSiPadOS
容量・128GB
・256GB
・512GB
・1TB
サイズ280.6×214.9×6.1mm
重量617g
ディスプレイサイズ13インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,732×2,048px
チップM2チップ
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
9,800
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
6,000
メモリ8GB
バッテリー約9,800mAh
オーディオ2スピーカー(ステレオ)
認証方法指紋認証
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:128,800〜216,800円
こちらの記事もおすすめ

ほかにはこんなゲーム用iPadもおすすめ

iPad Pro 13インチ:美麗なOLEDディスプレイとPCクラスのM4チップ搭載

ここがおすすめ
  • 全てのゲームを最高の環境で遊べる
  • 120hzのリフレッシュレートに対応
  • 動画編集やイラスト用としてもおすすめ
よた

「とにかく最高の環境で」という人にはおすすめのタブレットです。

iPad Pro 13インチの詳しい概要はこちら

iPad Pro 13インチの概要
OSiPadOS 17
(iPadOS 18対応予定)
容量・256GB
・512GB
・1TB
・2TB
サイズ281.6×215.5×5.1mm
重量579g
ディスプレイサイズ13インチ
リフレッシュレート120Hz
解像度2,752×2,064px
チップM4
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
13,500
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
8,600
メモリ・8GB
・16GB
バッテリー約10,500mAh
オーディオ4スピーカー(ステレオ)
認証方法FACE ID
充電コネクタUSB-C(Thunderbolt)
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:218,800〜390,800円
(オプションで+16,000円)

iPad Pro 12.9インチ(第4世代):10万円以内で買える大画面iPad

ここがおすすめ
  • 3Dゲームも快適に遊べるチップ性能
  • 10万円以内で購入できる
  • 120Hz対応で音ゲーやFPSゲームにお勧め
よた

10万円以内でコスパよくゲームを楽しみたいならおすすめです。

iPad Pro 13インチの詳しい概要はこちら

iPad Pro 13インチの概要
OSiPadOS 17
(iPadOS 18対応予定)
容量・128GB
・256GB
・512GB
・1TB
サイズ280.6×214.9×5.9mm
重量641g
ディスプレイサイズ12.9インチ
リフレッシュレート120Hz
解像度2,732×2,048px
チップA12Z Bionicチップ
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
4,600
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
3,500
メモリ・6GB
バッテリー約9,900mAh
オーディオ4スピーカー(ステレオ)
認証方法FACE ID
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点中古:9.5万〜12万円

ゲーム用iPadの選び方

やりたいゲームにiPadOSが対応しているかは必ず確認しよう

そもそも「OSって何?」「どういう役割なの?」という人のために、OSについて軽く説明しましょう。

OSとは

スマホやタブレットなどの電子機器を動作させるために必要なプログラムです。

YouTubeやTwitterなどのアプリは、端末からOSを経由してユーザーの操作どおりに動作してくれます。

OSがアプリに対応していないと正しく動作しない(または全く使えない)ため、スマホ・タブレット選びでかなり重要になります。

このOSがアプリに対応していないと、自分の遊びたいゲームを遊ぶことができないということが起こります。

基本的には高性能で最新のiPadであれば問題ありませんが、なかには古いバージョンのiPadOSしか搭載されていなくてアプリをインストールできないものもあります。

ゲームをしっかり楽しみたいのであれば、どのOSに自分のやりたいゲームが対応されているのかは考える必要があるでしょう。

オープンワールドRPGが対応しているiPadOSのバージョン ※2024年7月時点
iPadOS
原神11.0おすすめiPadの詳細はこちら
崩壊:スターレイル11.0おすすめiPadの詳細はこちら
Sky 星を紡ぐ子どもたち12.0
ARKモバイル9.0
マイクラ11.0おすすめiPadの詳細はこちら

ゲームによってチップ性能はかなり重要になる

チップとは

スマホの動作やゲームやアプリなど、さまざまな情報を処理するために必要なパーツです。

チップ性能が高いほど、ゲームやアプリの動作が軽くなり快適に使用することができます。

3Dゲームや画像・動画編集ソフトなどの、複雑な動作が要求されるアプリでは、とくにチップ性能が重要になります。

チップ性能は、ゲームをする上でかなり重要です。

チップ性能はぱっと見では性能が分かりにくくメモリやストレージと比べて重要視されないパーツではありますが、基本的にゲームはチップ性能で7割決まるといっても過言ではないレベルで重要です。

OSは最低限確認するとして、それ以外では何よりもチップ性能を重視するようにしましょう。

チップ性能については、詳しくは下記の動画と記事で詳しく解説しています。

そんなゲーム用のiPadに最重要なチップ性能ですが、具体的にどのチップを選べばいいのか。

下記の記事を参考に表にまとめました。

ゲーム用iPadのチップ性能目安
用途Geekbench 6
(マルチスコア)
3DMark
(Wild Life Benchmark)
主なチップ
最高画質で3Dゲームを快適に遊ぶ4,500~8,000〜A14~、M1~
3Dゲームを問題なく遊べる3,000~4,500〜A13~
2Dゲームを快適に1,200~2,000〜A10~

2Dゲームではそこまでスペックが要求されませんが、3Dゲームだと高性能なチップでないと快適に遊ぶことは難しいです。

上記の目安を参考に、自分が遊びたいゲームと予算を考えたチップ性能のiPadを選ぶといいでしょう。

ゲームの種類・数によってストレージ容量を決める

ゲームはほかのアプリと比べてもアプリによって使用する容量が様々で、1GB程度のアプリから30GBほど容量が必要になるアプリまであります。

ゲームに関しては、遊びたいアプリをX(旧Twitter)で検索して、ストレージ容量をどのぐらい使用しているのか調べるのがおすすめです。

人により増減はありますが、この記事でも主要なゲームアプリの容量を調べて以下の表にまとめました。

アプリストレージ容量の目安
原神35GB
崩壊スターレイル25GB
マイクラ1GB
プロセカ15GB
あんスタM13GB
デレステ20GB
プロスピA4GB
荒野行動18GB
PUBGモバイル18GB
CoDモバイル18GB
FGO15GB
ブルアカ8GB
NIKKE10GB
ウマ娘20GB
モンスト3GB
よた

とくに原神やウマ娘はかなり容量が圧迫されますね。

そんなストレージ容量ですが、どのような目安で選べばいいのか。

筆者の経験をもとに下記の表にまとめてみました。

ゲーム用iPadの推奨ストレージ容量
用途目安のストレージ容量
3Dオープンワールド
例)原神、崩壊スターレイルなど
1個:64GB
2個:128GB
3個〜:256GB
リズムゲーム
例)プロセカ、あんスタMなど
〜2個:64GB
3個〜:128GB
FPS
例)荒野行動、CoDモバイルなど
〜2個:64GB
3個〜:128GB
3Dソシャゲ
例)ウマ娘、ブルアカなど
〜2個:64GB
3個〜:128GB
2Dソシャゲ
例)モンスト、パズドラなど
〜4個:64GB
5個〜:128GB

3Dゲームはやはりかなりのストレージ容量が必要になるため、複数個遊ぶなら最低でも128GB以上は必要になるでしょう。

2Dゲームでもデータが多いものは10GB付近が必要になるため、こちらも64GB以上は最低でも確保するのがおすすめです。

よた

ゲームをするだけなら、128GBの容量がコストも抑えられて、使い勝手もいいのでおすすめです。

こちらの記事もおすすめ

よくある質問

ゲーム用iPadにメモリは重要

「そもそもメモリって何?」という人のために、メモリを軽く説明しましょう。

メモリとは

一度に複数のアプリを処理したり、複雑な動作が要求されるアプリの処理するために必要なパーツです。

メモリの容量が大きければ大きいほど、アプリの動作が快適になります。

3Dゲームや画像・動画編集ソフトではとくに重要なパーツです。

RAMと表されることもあります。

※よくストレージ容量と間違われる場合がありますが、ストレージ容量はアプリのデータを保存するものでメモリはアプリの動作の手助けをするものです。

メモリはゲームに重要なチップの手助けをするパーツで重要なパーツではありますが、そこまで重要視する必要はありません。

というのも、ほとんどのiPadにはチップ性能に比例したメモリが搭載されています。

また、基本的にどのゲームでも3GB以上、最高設定で快適にプレイしたい人でも4〜6GBあれば問題ありません。

タブレットの性能はチップ性能で半分以上決まるので、過度にメモリ容量があっても意味がないのです。

なので、基本はチップ性能を気にするようにし、メモリ性能はおまけ程度に確認するのが良いでしょう。

iPadでスマホゲームをするのはおすすめ?

iPadでスマホゲームを遊ぶのはかなりおすすめです。

大画面で迫力のある映像でゲームを楽しめるほか、スマホではできない複雑な操作もiPadではプレイしやすいのも魅力です。

また、iPadはスマホと比べてバッテリー容量が多いものが多く、コスパ面で見てもiPadのほうがお得にゲームを楽しめたりします。

もちろん、持ち運びやすさではスマホに負けるのとウマ娘やモンストのような、軽くプレイするようなゲームではお手軽感はないためスマホとiPadでうまく使い分けるのが一番ゲームが楽しめます。

よた

筆者はスマホにウマ娘やプリコネ、iPadに原神やCODモバイルをいれて使い分けをしています。

iPadでコントローラーは使える?

iPadOS 16に対応しているiPadでなら、コントローラーでゲームを操作することが可能です。

iPadでは、主にSwitchのコントローラーやPS5のコントローラーでゲームを遊ぶこともできます。

非対応のBluetoothコントローラーでは使えない製品もあるため、iPadに対応しているかはしっかりと確認するようにしましょう。

まとめ:知識をつけてコスパ良くゲームを楽しもう

iPadによってはゲームの起動すら怪しいものもあるため、しっかりと知識をつけてお得にゲームが楽しめるiPadを購入しましょう。

こちらの記事もおすすめ
よかったらシェアしてね!
目次