【学マス】快適に遊べるタブレット&iPadを一般Pが厳選!

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、よた(@yotalog_ag)です。

この記事では、学園アイドルマスターにおすすめのタブレットを一般Pである筆者が厳選しました。

学マスをタブレットでプレイするならどの端末がいいのか悩んでいる人は、ぜひこの記事で最適なタブレットを見つけましょう。

よた

コスパ、性能面など用途に合わせても厳選しました。

目次

【2024年】迷ったらこれ!イチオシの学マス用タブレット3選

知識はあまりないけど「学マス用のおすすめタブレットをさくっと知りたい」という人のために、筆者が2024年7月時点で学マスを遊ぶのにおすすめなタブレットを3つに厳選しました。

スクロールできます
イチオシの学マス用タブレット販売価格(税込)
※2024年7月時点
おすすめポイント

【Apple】
iPad Air(第3世代)
3.5万〜5万円
(中古)
3万円台で学マスを快適に遊べる

動画視聴用としてもお手頃
Amazon
イオシス

【Xiaomi】
Pad 6
49,800〜59,800円(新品)学マスを高画質で楽しめる

汎用性の高い用途で使える
Amazon
楽天

【Apple】
iPad Air 13インチ
128,800〜216,800円
(新品)
13インチで学マスを楽しめる

M2チップで60fpsでも快適に遊べる
Amazon
楽天

学マスをタブレットで遊ぶなら、基本的にはiPadのほうがコスパも良くおすすめです。

Androidタブレットだと、安定性の確保が難しく販売価格も高めに設定されているため、コスパと性能面のどちらも優れているものを探すのは難しいです。

ただし、AndroidタブレットはXiaomi Pad 6をはじめWQHD+以上のディスプレイが搭載されており、高画質で学マスを楽しめる機種もあります。

よた

初心者にはAndroidタブレットよりiPadをおすすめしたいです。

3万円台で学マスを楽しめるタブレット

3万円台で学マス用におすすめのタブレットは「iPad Air(第3世代)」

ここがおすすめ
  • 学マスを遊ぶことができる
  • 10.5インチの程よいサイズ感でゲームがしやすい
  • 3万円台のお手頃価格で入手できる

3万円台でイチオシの学マス用タブレットは、iPad Air(第3世代)です。

A12チップ搭載で軽めの3Dゲームから2Dゲームまで幅広く遊ぶことができ、中古販売価格は3.5万〜5万円(2024年6月時点)とお手頃価格。

高画質設定で動かすことは厳しいですが、軽量設定であれば十分遊ぶことができます。

よた

お手軽に学マスを楽しみたいならおすすめです。

iPad Air(第3世代)の詳しい概要はこちら

iPad Air(第3世代)の概要
OSiPadOS
容量・64GB
・256GB
サイズ250.6×174.1×6.1mm
重量456g
ディスプレイサイズ10.5インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,224×1,668px
チップA12 Bionic
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
2,900
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
1,500
メモリ3GB
バッテリー約8,100mAh
オーディオ・2スピーカー(モノラル)
・ヘッドフォンオーディオジャック(3.5mm)
認証方法指紋認証
充電コネクタLightning
販売価格(税込) ※2024年7月時点中古:3.5万〜5万円
こちらの記事もおすすめ

ほかにはこんな学マス用タブレットもおすすめ

【Samsung】Galaxy Tab A9+:マルチウィンドウ対応

ここがおすすめ
  • マルチウィンドウでほかのゲームを同時に遊べる
  • 2Dゲームを快適に遊べるチップ性能
よた

Androidで学マスを低価格で快適に遊べるタブレットを探している人におすすめです。

【Samsung】Galaxy Tab A9+の詳しい概要はこちら

Galaxy Tab A9+の概要
OSAndroid
容量64GB
サイズ257.1×168.7×6.9mm
重量480g
ディスプレイサイズ11インチ
リフレッシュレート90Hz
解像度1,920×1,200px
チップSnapdragon 695
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
1,900
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
350
メモリ4GB
バッテリー7,040mAh
オーディオ・4スピーカー(ステレオ)
・3.5mm ヘッドホンジャック
認証方法顔認証
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:35,799円
こちらの記事もおすすめ

学マスを快適に遊べるタブレット

学マスを快適に遊べるイチオシのタブレットは「Xiaomi Pad 6」

ここがおすすめ
  • 大容量な8,840mAhのバッテリーを搭載
  • WQHD+の高画質ディスプレイ
  • 4スピーカー搭載で立体的な音声を楽しめる

Xiaomi Pad 6は、高性能なSnapdragon 870搭載で学マスを快適に遊ぶことができます。

WQHD+の高画質ディスプレイとステレオの4スピーカー搭載で、3Dライブへの没入感も高いのが魅力。

バッテリーは大容量の8,840mAhで、学マスを安心して長時間利用することができるでしょう。

よた

5万円台ではコスパの高いタブレットとなっています。

【Xiaomi】Pad 6の詳しい概要はこちら

Xiaomi Pad 6の概要
OSMIUI(Androidベース)
容量128GB
サイズ253.9×165.1×6.5mm
重量490g
ディスプレイサイズ11インチ
リフレッシュレート144Hz
解像度2,880×1,800px
チップSnapdragon 870
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
3,000
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
1,200
メモリ6・8GB
バッテリー8,840mAh
オーディオ4スピーカー(ステレオ)
認証方法顔認証
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:49,800〜59,800円

ほかにはこんな学マス用タブレットもおすすめ

【Apple】iPad(第10世代):高設定以上で快適に学マスを遊べる

ここがおすすめ
  • A14チップで学マスを高設定で楽しめる
  • 学マス以外の3Dゲームも快適
  • 長期間の使用用途でもおすすめ
よた

高設定以上で快適に遊べます。

【Apple】iPad(第10世代)の詳しい概要はこちら

iPad(第10世代)の概要
OSiPadOS
容量・64GB
・256GB
サイズ248.6×179.5×7mm
重量477g
ディスプレイサイズ10.9インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,360×1,640px
チップA14 Bionic
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
4,900
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
2,200
メモリ4GB
バッテリー約7,700mAh
オーディオ2スピーカー(ステレオ)
認証方法指紋認証
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:58,800〜84,800円
中古:5万〜8.5万円

【Apple】iPad Air 11インチ:PCクラスのチップ性能

ここがおすすめ
  • M2チップで学マスを最高設定で遊べる
  • ステージマネージャでマルチタスクが可能
  • 動画編集や3Dゲームも快適にできる

iPad Air 11インチの詳しい概要はこちら

iPad Air 11インチの概要
OSiPadOS
容量・128GB
・256GB
・512GB
・1TB
サイズ247.6×178.5×6.1mm
重量462g
ディスプレイサイズ11インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,360×1,640px
チップM2チップ
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
9,800
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
6,000
メモリ8GB
バッテリー約7,800mAh
オーディオ2スピーカー(ステレオ)
認証方法指紋認証
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:98,800〜186,800円

【Apple】iPad Pro 11インチ(第3世代):高設定でも快適なチップ性能

ここがおすすめ
  • 学マスを最高設定で快適に遊べる
  • 動画編集やイラスト用としてもおすすめ
  • ステージマネージャでマルチタスクにも対応
よた

学マスを最高設定で遊びたいならおすすめです。

iPad Pro 11インチ(第3世代)の詳しい概要はこちら

iPad Pro 11インチ(第3世代)の概要
OSiPadOS
容量・128GB
・256GB
・512GB
・1TB
・2TB
サイズ247.6×178.5×5.9mm
重量466g
ディスプレイサイズ11インチ
リフレッシュレート120Hz
解像度2,388×1,668px
チップM1チップ
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
7,900
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
4,900
メモリ8GB(1・2TBのみ16GB)
バッテリー約7,700mAh
オーディオ4スピーカー(ステレオ)
認証方法顔認証
充電コネクタUSB-C(Thunderbolt)
販売価格(税込) ※2024年7月時点整備済み品:10万〜18万円
中古:8.5万〜12万円

大画面で学マスを楽しめるタブレット

大画面で学マスを楽しめるイチオシのタブレットは「iPad Air 13インチ」

ここがおすすめ
  • 大画面で学マスを高画質で楽しめる
  • 動画編集やイラスト用としても快適に使える
  • ステージマネージャとの相性が高くマルチタスク用としておすすめ

大画面で学マスを楽しむなら、iPad Air 13インチがおすすめです。

WQHD+以上のディスプレイにステレオ4スピーカーで、ライブの没入感を高めることができます。

高性能なM2チップを搭載しており、学マスだけでなく原神などの3Dゲームも最高設定で遊べて、さらに動画編集用としてもおすすめできるタブレットです。

最高の環境で学マスをプレイしたい人には、iPad Air 13インチはおすすめのタブレットです。

よた

学マスを大画面で快適に遊べます。

iPad Air 13インチの詳しい概要はこちら

iPad Air 13インチの概要
OSiPadOS
容量・128GB
・256GB
・512GB
・1TB
サイズ280.6×214.9×6.1mm
重量617g
ディスプレイサイズ13インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,732×2,048px
チップM2チップ
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
9,800
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
6,000
メモリ8GB
バッテリー約9,800mAh
オーディオ2スピーカー(ステレオ)
認証方法指紋認証
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:128,800〜216,800円
こちらの記事もおすすめ

ほかにはこんな学マス用タブレットもおすすめ

【Lenovo】Tab P12:12.7インチの大画面で学マスを楽しめる

ここがおすすめ
  • 12.7インチの大画面でライブの没入感が高い
  • JBLスピーカーで高音質なサウンド体験ができる
  • 12インチタブレットを約5万円で購入が可能
よた

学マスを大画面でコスパよく遊べます。

【Lenovo】Tab P12の詳しい概要はこちら

Lenovo Tab P12の概要
OSAndroid
容量128GB
サイズ293.4×190.8×6.9mm
重量615g
ディスプレイサイズ12.7インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,944×1,840ピクセル
チップDimensity 7050
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
2,300
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
670
メモリ8GB
バッテリー10,200mAh
オーディオ4スピーカー(ステレオ)
認証方法顔認証
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:49,830円

【Xiaomi】Pad 6s Pro 12.4:高性能チップで3Dゲームもサクサク

ここがおすすめ
  • 学マスを快適に遊べる高性能チップ
  • 144Hz対応で滑らかな映像が楽しめる
  • 12.4インチ×4スピーカーでゲームへの没入感が高い

【Xiaomi】Pad 6s Pro 12.4の詳しい概要はこちら

Xiaomi Pad 6s Pro 12.4の概要
OSHyperOS(Androidベース)
容量・256GB
・512GB
サイズ278.7×191.5×6.2mm
重量590g
ディスプレイサイズ12.4インチ
リフレッシュレート144Hz
解像度3,048×2,032px
チップSnapdragon 8 Gen 2
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
4,800
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
3,300
メモリ・8GB
・12GB
バッテリー10,000mAh
オーディオ4スピーカー(ステレオ)
認証方法顔認証、指紋認証
充電コネクタUSB-C
販売価格(税込) ※2024年7月時点新品:69,800〜84,800円

学マスの必要・推奨スペック

学マスの必要・推奨スペックは公式のXに記載されています。

ただし、詳細は明記されておらず、チップやOSについてのみ公式Xで記載があるようです。

基本的には公式の情報から該当のチップ性能の機種を選べば問題ないですが、予算の都合など考慮するとなるべくコスパ良く学マス用のタブレットを選びたいところ。

この記事では、公式Xの情報をもとに筆者独自の見解で、iPadとAndroid用で必要・推奨スペックについて解説します。

また、必要・推奨スペックにベンチマークアプリのスコアも記載していますが、ベンチマークについて詳しくは下記の記事で解説しています。

iPadの必要・推奨スペック

必要スペック

iPadで学マスを遊ぶのに必要なスペック ※2024年7月時点
チップ(CPU)A12チップ以上
メモリ不明(おそらく2GB以上)
OSiOS(iPadOS)16.0以上
ストレージ容量不明(32GB以上あるのが望ましい)
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
1,500
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
350

必要スペックについては、上記の通りです。

公式サイトではA12チップが搭載されているiPhoneやiPadが推奨端末とされています。

ただ、個人的には動作必要スペックかなという印象。

学マスは3Dライブの処理にかなりスペックが必要で、A12以上のチップでないと軽量設定でも快適に動かすのが難しいです。

公式の推奨スペックは、必要スペックと考えるのがおすすめです。

よた

学マスは要求スペックが高いので、高性能なiPadを用意するのがおすすめです。

推奨スペック

iPadで学マスを遊ぶなら推奨するスペック ※2024年7月時点
チップ(CPU)A14以上
例:iPad(第10世代)、iPad Air(第4世代)など
メモリ不明(3GB以上)
OSiOS(iPadOS)16.0以上
ストレージ容量64GB以上
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
3,000
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
1,500

学マスを高設定で快適に遊ぶなら、A14チップ以上のiPadが必要です。

メモリに関しては3GB以上のiPadであれば問題なくプレイできますが、A14以上のチップが搭載されているiPadはどの機種も3GB以上のメモリが搭載されています。

ストレージ容量は、長く遊んだりほかのゲームとの併用で使うなら最低でも64GB以上を確保することをおすすめします。

Androidの必要・推奨スペック

必要スペック

Androidで学マスを遊ぶのに必要なスペック ※2024年7月時点
チップ(CPU)Snapdragon 865以上
メモリ6GB以上
OSAndroid 10.0以上
ストレージ容量16GB以上(32GB以上は正直欲しい)
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
1,500
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
350

AndroidタブレットもiPadと同じく、Xに記載のあるSnapdragon 865以上のチップ性能が必要スペックとして考えるといいでしょう。

AndroidはOSのサポートが早く切れる機種が多いので、長く遊ぶならなるべく最新のチップが搭載されたタブレットを選ぶのが望ましいです。

メモリやストレージも基本的にはiPadと変わりませんが、Androidは機種により相性があるためiPadよりもスペックに余裕を持たせたほうが安心です。

よた

まあ、この性能のAndroidタブレットはコスパが悪すぎるので個人的にはiPadおすすめしますが。

推奨スペック

Androidで学マスを遊ぶなら推奨するスペック ※2024年7月時点
チップ(CPU)Snapdragon 8Gen1以上
メモリ4GB以上
OSAndroid 10.0以上
ストレージ容量64GB以上
Geekbench 6 マルチ
(CPU性能)
3,000
3DMark Wild Life Extreme
(GPU性能)
1,500

推奨スペックも基本的にはiPadとAndroidタブレットで同じです。

高品質で快適に遊べるかというと若干怪しいところではありますが、このスペックがあれば問題なく学マスを遊ぶことができます。

この価格帯だとiPadと比べて高価格になりやすくコスパは良くはないですが、ディスプレイが優秀なAndroidタブレットが多く、予算と相談して選べば学マスをしっかりと満喫することができます。

よた

この性能で高解像度タブレットを探すのがおすすめです。

学マスを遊ぶならディスプレイにも気を使いたい

学マスを遊ぶ上で一番重要なのは間違いなくチップ性能と対応OSですが、3Dライブを楽しむならディスプレイにも気を使いたいところです。

解像度が低いディスプレイで学マスを遊ぶと楽しさも半減しますよね。

とはいえ、ディスプレイに気を使うと言ってもどんなことを意識すればいいのかわからない人もいるでしょう。

学マスで遊ぶのにおすすめのディスプレイの条件は下記になります。

学マスを遊ぶのにおすすめのディスプレイ条件
  • 解像度FHD(1,920×1,080px)以上 ※WQHD(2,560×1,440px)以上だと尚良
  • ディスプレイサイズ11インチ以上
  • 有機EL(あくまでおまけ程度)

解像度とディスプレイサイズは映像体験に大きく影響するため、とくに気を使ったほうがいいです。

WQHD以上の解像度があると望ましいですが、対応タブレットが少なくコスパ面でも微妙なので最低FHD以上で考えるのがおすすめです。

ディスプレイサイズは大きいほど迫力のある映像を楽しめますが、10インチ〜11以上あればとくに支障はないです。

よた

目安としてiPad Air(第4世代)が2,360×1,640px解像度で10.9インチですが、このレベルだと十分学マスを楽しめます。

そして、有機ELが搭載されたディスプレイで学マスを遊ぶことでより繊細な映像を楽しむことができますが、有機EL対応のタブレットは少なく値段も張るのであくまでおまけ程度に考えましょう。

よくある質問

タブレット選びに一番重要なパーツはどれ?

学マス用のタブレット選びに一番重要なパーツはチップ(SoC)です。

チップ性能によって、学マスの快適度が大きく変わるためチップ性能が低ければカクつきやすくチップ性能が高ければ快適にプレイすることができます。

個人的にはチップ6割、ディスプレイサイズ3割、その他1割の比率で重要度を考えるのがおすすめです。

よた

学マスに限らず、チップ性能はほとんどの用途でかなり重要なので、知識をつけてしっかり選びましょう。

学マスにメモリ(RAM)は必要?

学マスにメモリは必要ですが、過度に気にする必要はありません。

というのも、基本的にチップ性能に応じて適した容量のメモリが搭載されています。

学マスに一番重要なパーツはチップ(SoC)なので、そこをしっかりと選べば基本は問題ありません。

また、学マス用のタブレットに推奨のメモリ容量は3GB以上ですが、最近は3GB以上のメモリ搭載のスマホ・タブレットのほとんどなので、わざわざ時間をかけてメモリ容量を気にする必要はありません。

学マスをタブレットで遊ぶのにおすすめのストレージ容量は?

必要最低限で楽しむなら16GB以上あれば問題ないですが、ある程度しっかり楽しみたいなら64GB以上はストレージ容量を確保しておきましょう。

学マスは遊ぶ期間が長いほどストレージ容量が必要になり、ほとんどの人は最低20GB以上は必要になります。

システムやほかのアプリのことを考えると最低でも64GB以上のストレージ容量があるのが望ましいです。

学マス以外にもゲームをいくつか入れたい人や、写真や動画を多く保存するならさらに128GB以上のストレージ容量のものを選ぶのがおすすめです。

まとめ

学マスは3Dゲームほど高スペックを要求はされませんが、それでもライブやゲームを楽しみたいならスペックとコストのバランスを考える必要があります。

この記事を参考に、コスパ良く学マスをタブレットで楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次