【2022年】iPad Pro・Airの違いをApple好きが徹底比較しました

こんにちは、毎日5時間以上はiPadを使うよた(@yotalog_ag)です。

この記事では、iPad ProとiPad Airを徹底比較し、違いをわかりやすく解説します。

iPad ProとiPad Airは何が違うの?

どちらを買うのがおすすめ?

と悩んでいる人は、ぜひ見てください。

目次

iPad Pro(2021年モデル)とiPad Air(2022年モデル)のスペック比較

iPad Pro 12.9インチ(2021年モデル)iPad Pro 11インチ
(2021年モデル)
iPad Air
(2022年モデル)
容量128・256・512GB、1・2TB128・256・512GB、1・2TB64・256GB
サイズ280.6×214.9×6.4mm247.6×178.5×5.9mm247.6×178.5×6.1mm
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ、ProMotionテクノロジーLiquid Retinaディスプレイ、ProMotionテクノロジーLiquid Retinaディスプレイ
解像度2,732×2,048px(264ppi)2,388×1,668px(264ppi)2,388×1,668px(264ppi)
最大輝度最大600ニト(標準)最大600ニト(標準)最大500ニト(標準)
チップM1チップ(8コア)M1チップ(8コア)M1チップ(8コア)
メモリ8GB(1・2TBのみ16GB)8GB(1・2TBのみ16GB)8GB
バッテリーWi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間(約10,900mAh)Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間(約7,800mAh)Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間(約7,600mAh)
Apple Pencil第2世代対応第2世代対応第2世代対応
キーボードMagic Keyboard、Smart Keyboard FolioMagic Keyboard、Smart Keyboard FolioMagic Keyboard、Smart Keyboard Folio
カメラ12MP広角と10MP超広角、2倍の光学、5倍のデジタルズーム、LiDARスキャナ12MP広角と10MP超広角、2倍の光学、5倍のデジタルズーム、LiDARスキャナ12MP広角、5倍のデジタルズーム
フロントカメラTrueDepth(12MP超広角)TrueDepth(12MP超広角)12MP超広角
ビデオ撮影4K・1080pビデオ撮影(24・25・30・60fps)、2倍の光学、3倍のデジタルズーム、オーディオズーム4K・1080pビデオ撮影(24・25・30・60fps)、2倍の光学、3倍のデジタルズーム、オーディオズーム4K・1080pビデオ撮影(24・25・30・60fps)、2倍の光学、3倍のデジタルズーム
オーディオ4スピーカー(ステレオ)4スピーカー(ステレオ)2スピーカーオーディオ(横向き)
セキュア認証FACE IDFACE IDTouch ID
通信方式Wi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/​​ac/ax)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度Wi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/​​ac/ax)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度Wi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/​​ac/ax)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度
充電コネクタThunderbolt / USB 4ポートThunderbolt / USB 4ポートThunderbolt / USB 4ポート
カラースペースグレイ、シルバースペースグレイ、シルバースペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルー

iPad Pro(2021年モデル)とiPad Air(2022年モデル)の7つの違い

カメラ性能はiPad Proが優秀

iPad ProとiPad Airのカメラ性能比較

iPadのカメラ性能について、比較してみました。

iPad ProとiPad Airのカメラ性能の比較表
iPad Pro 12.9インチ(2021年モデル)iPad Pro 11インチ(2021年モデル)iPad Air(2022年モデル)
広角レンズ12MP広角・10MP超広角12MP広角・10MP超広角12MP広角
ズーム機能光学2倍、デジタル5倍光学2倍、デジタル5倍デジタル5倍
絞り値広角:ƒ/1.8、超広角:ƒ/2.4広角:ƒ/1.8広角:ƒ/1.8、超広角:ƒ/2.4
True Toneフラッシュ
スマートHDRスマートHDR 3スマートHDR 3スマートHDR 3

iPad ProとiPad Airのカメラ性能は、レンズやズーム機能などが違うのがわかりますね。

ですが、具体的に写真を撮る時にレンズやズーム機能などにどういった違いがあるのか、あまり詳しくないとわからないでしょう。

よた

そういったあまり詳しくない人向けに、それぞの違いをわかりやすく解説します。

まずは、カメラ性能のそれぞれの特徴についてざっくりとですが下の表にまとめました。

カメラ性能の見方特徴
画素数(MP)数値が高いほど解像度が高い鮮明な写真になる。
レンズの種類広角:焦点距離が35mm以下のレンズ。すべてのiPadに搭載されている標準的なカメラ。
超広角:焦点距離が24mm以下のレンズ。より広範囲の範囲(景色など)をきれいに撮れる。
ズーム機能デジタルズーム: レンズの焦点距離を変えずに、画像を引き伸ばしてズームする。
光学ズーム:レンズの焦点距離を倍率によって変えて、画像を引き伸ばさずにズームする。
絞り値(F値)数値が小さいと明るく背景がボケやすい写真になり、数値が大きいと暗く背景がボケない写真になる。
True Toneフラッシュ周りの光度や色味に合わせて、より自然な色合いの写真を撮れるフラッシュ機能。
スマートHDR通常の写真よりも明るい写真が取れる機能。スマートHDRの性能がいいほど自然な明るさの写真が撮れる。

どれもきれいな写真を撮るなら欠かせない機能ですが、その中でもiPad ProとiPad Airで大きく違うのはレンズの種類とズーム機能です。

iPad Airは12MPの広角レンズが搭載されていて、十分きれいな写真を撮れます。

ただし、写真にこだわる人にとっては他のiPadやiPad miniとあまり差はないため、物足りないでしょう。

iPad Proは12MPの広角レンズだけでなく10MPの超広角レンズも搭載していて、景色や大きい建物などを撮りたいという場合にも活躍します。

また、光学ズーム機能で画像の解像度を落とすことなくきれいな写真もとることができるのもiPad Proの強みですね。

実際にそれぞれのレンズで比較したところ、そこまで解像度の大きな差は見当たりませんでした。

意外にも、光学ズームのほうが少し解像度が落ちているように感じますが、コントラストは光学ズームが等倍に近いコントラストです。

逆に、デジタルズームは淡白な色合いに感じますね。

iPad Proの魅力は超広角レンズなので、景色や大きい建物など屋外で写真撮影をする人はiPad Proはおすすめです。

屋内で小さい被写体を撮るぐらいしかカメラを使わない人は、iPad Airでも問題ないでしょう。

また、iPad ProはLiDAR(ライダー)スキャナを搭載しており、暗所でも被写体をしっかり撮影できたり、ARアプリの使用や距離の測定などを行うことができます。

ARアプリを使用したい人や、夜景などの暗所を頻繁に取る人はLiDAR(ライダー)スキャナが搭載されているiPad Proがおすすめです。

ストレージ容量はiPad Proが幅広く選べる

iPad ProとiPad Airのストレージ容量比較

iPad ProとiPad Airのストレージ容量について、比較してみました。

iPad ProとiPad Airのストレージ容量と価格の比較表
iPad Pro 12.9インチ(2021年モデル)iPad Pro 11インチ
(2021年モデル)
iPad Air
(2022年モデル)
64GB74,800円(税込み)
128GB129,800円(税込み)94,800円(税込み)
256GB141,800円(税込み)106,800円(税込み)92,800円(税込み)
512GB165,800円(税込み)130,800円(税込み)
1TB213,800円(税込み)178,800円(税込み)
2TB261,800円(税込み)226,800円(税込み)
引用元:Apple公式サイト

iPadを購入する際に、ストレージ容量はかなり重要です。

このストレージ容量を妥協してしまうと、満足に使えない可能性があります。

ストレージ容量と値段の比較を見ると、iPad Airのほうがコスパがいいですね。

ただ、ストレージ容量の選択肢が64GB・256GBの2種類のみで、自由度が少ないのが欠点です。

iPad Proは128GB~2TBの間で5種類の容量があるため、用途に合ったストレージ容量が選びやすいのが魅力です。

でも、ストレージ容量ってどういう基準で選べばいいの?

ストレージ容量の選択肢はiPad Airが少なく、iPad Proが多いというのはわかりますが、どのように選べばいいのか悩む人も多いでしょう。

そんなストレージ容量について、筆者の経験をもとに下記の表にまとめてみました。

iPad選びのストレージ容量の目安 ※筆者による主観で判断しています
用途目安のストレージ容量
動画編集メインで使う512GB~
3Dゲームを5つ以上ほど遊ぶ、画像編集メインで使う、動画をたくさん保存する256GB~
2Dゲームを7つ以上または3Dゲーム3つほど遊ぶ、電子書籍をたくさん読む128GB~
2Dゲームを5つほど遊ぶ、画像をたくさん保存する64GB~
動画視聴やSNS用に使う32GB~

256GBでも動画編集をすることは可能ですが、すぐにストレージを圧迫してしまいます。

iPadで動画編集を考えている人は、512GB以上のiPad Proがおすすめです。

3Dゲームや動画・画像編集をする予定がない人は、64GBのiPad Airでも十分満足に使えます。

iPad ProはPro Motion搭載でリフレッシュレートが120Hzに

iPad Proはプロモーション搭載で120Hzに対応

iPad Proは、ディスプレイにPro Motionを搭載していて、リフレッシュレートが120Hzまで出力されます。

リフレッシュレートとは

ディスプレイの画像の1秒あたりの更新数を表します。

60Hzの場合は1秒間に60回、144Hzの場合は1秒間に144回画像が更新されます。

リフレッシュレートの数値が高いほどディスプレイの映像がなめらかになり、ゲームやイラストをする人はとくに重要な要素です。

さらに詳しく知りたい人は、下記のサイトを見るのがおすすめです。

Intel
リフレッシュ・レートとは ? ゲームプレイ最適化における重要性 | Intel Japan 高リフレッシュ・レートのゲームは、違いをもたらします。ここでは、高リフレッシュ・レート・ディスプレイのテスト、最適化、および選択について知っておくべきことを紹介...

iPad Airは60Hzと他のiPadと同じリフレッシュレートですが、iPad ProはPro Motionが搭載されていることで120Hzまで対応しています。

iPad Airよりもヌルヌルな映像を楽しめるため、3Dゲームやイラストをする機会が多い人はiPad Proがおすすめです。

認証方法が違う

iPad ProとiPad Airの認証方法比較

iPad Proは顔認証のFace ID、iPad Airは指紋認証のTouch IDに対応しています。

どちらが便利かというのは、用途によって違ってきますが両方の認証方法を使ってきた筆者が、それぞれの認証方法がおすすめなひとをまとめました。

Face ID(顔認証)がおすすめな人
  • 衛生面を気にする人
  • セキュリティ面を気にする人
  • ロック解除の手間を最小限に抑えたい人
Touch ID(指紋認証)がおすすめな人
  • マスクをつけて使用する頻度が多い人
  • 横になりながらiPadを操作する人
  • Apple IDで決済する頻度が多い人

iOS15.4より、マスクをつけている人でもFace IDで認証できるようになりましたが、残念ながらiPad OSはまだ対応していません。

近いうちにiPad OSも対応すると思いますが、現状はTouch IDを搭載しているiPad Airのほうが外出時には使いやすいでしょう。

また、顔認証は認証の精度が高く安全性には優れていますが、少しでも体勢が悪いと認証されないことがあるため、横になりながらiPadを操作する人はFace IDは少し不便に感じるかもしれません。

Face IDは、家にいる機会が多くスムーズにロック解除をしたい人にはおすすめです。

よた

在宅ワーカーでずっと家にいるぼくにとってはFace IDは楽で使いやすいです。

iPad Proは4スピーカー搭載で高音質なオーディオを楽しめる

iPad Proは4スピーカー搭載

iPad ProとiPad Airのスピーカーについて、比較してみました。

iPad Pro 12.9インチ(2021年モデル)iPad Pro 11インチ
(2021年モデル)
iPad Air
(2022年モデル)
オーディオ4スピーカー(ステレオ)4スピーカー(ステレオ)2スピーカーオーディオ(横向き)

対して、iPad Airは上下に1基づつ搭載されていて、ステレオで音楽を聞くことができます。

無印iPadやiPad Air(2019年モデル)までは、下方向にスピーカーが搭載されているだけでiPadを横にした場合は片側しか効くことができませんでしたが、iPad Air(2020年モデル)より左右からしっかりと音楽楽しめるようになりました。

よた

iPad AirとiPad Proの音質は、22年時点では大きくは変わりません。

対するiPad Proは、上下にスピーカーを2基づつ搭載していて、合計4スピーカーのステレオで音楽を聞くことができます。

どちらもステレオなので、大きな違いはありませんがiPad Proはより立体的で高音質な音楽を楽しめます。

音質にこだわるなら、iPad Proのほうがおすすめです。

カラーバリエーションはiPad Airが豊富

iPad ProとiPad Airのカラーバリエーション比較

iPad ProとiPad Airのカラーバリエーションについて、比較してみました。

iPad Pro 12.9インチ(2021年モデル)iPad Pro 11インチ
(2021年モデル)
iPad Air
(2022年モデル)
カラー・スペースグレイ
・シルバー
・スペースグレイ
・シルバー
・スペースグレイ
・スターライト
・ピンク
・パープル
・ブルー

iPad Proはスペースグレイとシルバーの2種類しかカラーバリエーションが用意されていないのに対して、iPad Airは5種類カラーバリエーションが用意されています。

また、iPadシリーズでブルーが採用されているのはiPad AirのみなのもiPad Airの魅力です。

iPadのデザインにこだわったりブルー系統の色が好きなら、iPad Airがおすすめです。

よた

iPad Proもデザインはかっこいいんですが、カラーが楽しめないのが…

iPad ProとiPad Airの価格面での違い

iPad ProとiPad Airの価格について比較してみました。

iPad ProとiPad Airのストレージ容量と価格の比較表
iPad Pro 12.9インチ(2021年モデル)iPad Pro 11インチ
(2021年モデル)
iPad Air
(2022年モデル)
64GB74,800円(税込み)
128GB129,800円(税込み)94,800円(税込み)
256GB141,800円(税込み)106,800円(税込み)92,800円(税込み)
512GB165,800円(税込み)130,800円(税込み)
1TB213,800円(税込み)178,800円(税込み)
2TB261,800円(税込み)226,800円(税込み)
引用元:Apple公式サイト

iPad AirとiPad Pro 11インチの最安値モデルで2万円ほどの差があります。

ストレージ容量が違うため、簡単に比較はできませんがコストを抑えたいならiPad Airがおすすめでしょう。

容量が同じ256GBモデルで比較すると、iPad Pro 11インチとiPad Airの差は1.4万円と同じストレージ容量でもだいぶ差があります。

iPad Airでも十分高性能なので、カメラ性能うあディスプレイにこだわらなければiPad Airがコストを抑えられます。

iPad Proがおすすめな人

iPad Proがおすすめな人
  • カメラ性能にこだわる人
  • 120Hzでヌルヌルな映像を体験したい人
  • 用途に合わせてストレージ容量を選びたい人
  • クリエイティブな作業に使いたい人

iPad Proは優れたカメラ性能とPro Motionで120Hzに対応しているのが魅力です。

写真を取る機会が多い人は、カメラ性能が優れているiPad Proがおすすめです。

また、Pro Motionでヌルヌルな映像が楽しめるので、クリエイティブな作業をする人やFPSゲームをする人におすすめです。

他にも、幅広いストレージ容量が取り扱っているので、用途に合わせて選びたい人にもiPad Proはおすすめです。

クリエイティブ作業で妥協したくない人は、iPad Proを選べば間違いないでしょう。

iPad Airがおすすめな人

iPad Proがおすすめな人
  • コストを抑えたい人
  • カラーバリエーションを選びたい人
  • 外出時に使う機会が多い人

最安値がiPad ProとiPad Airで2万円違うため、コストを抑えたい人はiPad Airがおすすめです。

ただ、最安値のストレージ容量が64GBなので、使用用途を明確にしたほうがいいでしょう。

よた

筆者はiPad選びで目的を明確にせず64GBモデルを選んで後悔したことがあります。

iPad Airは5種類のカラーバリエーションで、いろんなカラーを選べるのでデザインにこだわる人はiPad Airがおすすめです。

とくにブルー系統のカラーは、iPadシリースではiPad Airのみ搭載されています。

ブルーに魅力を感じている人は、iPad Airを選ぶのがいいでしょう。

まとめ:性能面ではiPad Pro、カラーではiPad Air

性能面ではiPad Pro、カラーバリエーションではiPad Airを選んだほうがいいでしょう。

使用目的によって、必要なiPadも変わるので、この記事を参考に自分にあったiPadを選びましょう。

他にも、iPadにはminiや無印など多くの種類があります。

他のiPadの比較については下記の記事で比較しているので、iPadの違いを知りたい人にはおすすめですよ。

こちらの記事もおすすめ
よかったらシェアしてね!
目次