Apple Music評価レビュー|iPhoneユーザーなら快適に空間オーディオを楽しめる

こんにちは、音楽系サブスクではAppleMusicを一番推しているよた(@yotalog_ag)です。

この記事では、Apple Musicを詳しく評価レビューしていきます。

AppleMusicは2021年の6月より、ロスレス・ハイレゾ音質に対応、さらに一部デバイスでの空間オーディオに対応してことによりより音楽を楽しめるようになりました。

高音質で音楽への没入感が増えるようになったApple Music、実際に使ってみた評価や料金、曲数について詳しくレビューしていきます。

AppleMusic
月額料金(税込)980円
ファミリー・学生プラン(税込)1,480円、480円
無料期間1ヶ月間
曲数7,500万曲
音質高音質:最大256kbps
ロスレス:推定1,152kbps(24ビット、48kHz)
ハイレゾ:推定4,608kbps(24ビット、192kHz)
オフライン・バックグラウンド再生できる
オンデマンド・シャッフル再生できる
フル再生・スキップ機能できる
プレイリストの作成できる
プレイリストの検索できる
歌詞表示できる
MV再生できる
Podcast(ポッドキャスト)なし
CDや曲のファイルの取り込みできる
使用デバイスiOS、Android、Mac、Windows、Apple Watch
※2022年3月時点月額料金(税込)無料期間
Apple Music980円3か月間
Amazon Music Unlimited980円
※プライム会員は780円
30日間
Spotify980円(無料プランあり)1か月間
LINE MUSIC980円3か月間
AWA980円30日間
YouTube Music980円(無料プランあり)
※アプリ版は1,280円
1か月間
Amazon Prime Music500円30日間
ANiUTa600円1か月間
dヒッツ550円31日間
楽天ミュージック980円
※楽天カード会員は780円
30日間

月額980円でハイレゾと空間オーディオを楽しめる

Apple Musicの魅力といえば、月額980円でハイレゾの高音質と空間オーディオを体験できることではないでしょうか。

21年11月時点で、月額1,000円以下でハイレゾに対応しているサブスクはApple MusicとAmazon Music Unlimitedのみで、コスパよくハイレゾを楽しみたいならこの2つのサービスを選ぶのがいいです。

同じく月額980円で使えるサブスクでSpotifyやAWAなどのサブスクがありますが、ハイレゾやロスレスに対応していない事を考えるとApple Musicは音質も保証されていてなおかつコスパがいいサブスクになりますね。

多くの幅広いジャンルの曲を高音質で

Apple Musicは21年11月時点で、7,500万曲以上の音楽を楽しむことができます。

話題のJ-POPはもちろん、最新のアニソンからボカロ、K-POPなど取り扱っているジャンルの幅は広いです。

そして、取り扱っている曲の多くはHD音質で聴くことができます。

最近ではハイレゾ音源に対応している日本アーティストも増え、

  • YOASOBI
  • LiSA
  • ヨルシカ
  • Official髭男dism
  • Ado

などの有名アーティストがハイレゾに積極的に対応しています。

アニソンやボカロは、まだまだHDに対応している曲は少ないですがこれから本格的にHDやUltraHDに対応する曲も増えてくると思います。

目次

Apple Musicの5つのメリット

空間オーディオの没入感がすごい

21年時点で空間オーディオに対応しているサブスクは、

  • Apple Music:Dolby Atmos(ドルビーアトモス)
  • Amazon Music Unlimited:Dolby Atmos(ドルビーアトモス)、360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)
  • Deezer HiFi:360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)

の3つのみです。

それぞれのサブスクに良さがありますが、そのなかでもApple Musicの空間オーディオの没入感はすごいです。

Apple MusicはDolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応していて、迫力感のある空間オーディオを楽しむことができます。

21年11月時点で空間オーディオに対応しているデバイスが少なく、なかなか恩恵を感じることができるユーザーは多くないですが、一度聴いたら鳥肌が立つぐらいすごいです。

Apple Music
端末iPhoneXs・iPad Pro(2018年)・iPad Air(2020年)・iPad mini(2021年)以降のiOSデバイス
イヤホン・ヘッドホンAirPods、その他H1、W1チップ搭載イヤホン
よた

しっかり音楽を楽しみたいならApple Musicの空間オーディオがおすすめ。

ロスレス・ハイレゾ対応で高音質で音楽を楽しめる。

ロスレス・ハイレゾで多くの音楽を楽しめるのは魅力的です。

最近はハイレゾに対応している日本アーティストも多く、有名アーティストの曲をハイレゾで聴ける機会も増えてきました。

とくにApple Musicの音は他のサブスクと違って、迫力があり音楽にしっかり没入できます。

まだ、アニソンやボカロでロスレス・ハイレゾに対応している曲は少ないですが、どんどん対応しているアーティストは増えているので近いうちにアニソンやボカロも多くの曲をハイレゾで楽しめるようになると思います。

検索機能が使いやすい

Apple Musicの検索機能は、他のサブスクと比較しても圧倒的に使いやすいです。

Apple Musicの検索機能の特徴は、

  • 多少の誤字脱字にも対応している
  • 略称に対応している
  • アニメやドラマの作品名入力で関連した音楽が出てくる
  • 歌詞検索機能を使える
  • 個人のプレイリストの検索ができる

の5つでいろいろなことに幅広く対応しています。

とくに略称や作品名の入力は助かりますね。

実際にいろいろな検索をしてみましたが、まだまだ足りない部分はありますが最近のアニメに対応していたり、いろんなアーティストの略称に対応していました。

また、歌詞検索に対応しているサブスクは少なく、Apple Musicで歌詞検索機能が使えるのもかゆいところに手が届いているのが良いですね。

UIデザインがわかりやすく使いやすい

Apple MusicのUIデザインはわかりやすく、iPhoneユーザーならとくに使いやすく感じます。

ホーム画面がきれいにまとまっていて見やすく、操作性がいいのですぐに聴きたい音楽を聴けます。

曲の再生中の歌詞表示も見やすく、しっかり音楽を楽しめるデザインになっているのも良いところです。

個人的にですが、Apple MusicのUIデザインはサブスクの中でも一番好きです。

あまり音楽サブスクを使ったことがない人や、iPhoneを使い慣れていない人でもわかりやすいUIデザインで誰でも使いやすいようになっています。

音楽サブスクを使ったことがない人ほど、Apple Musicは使いやすくおすすめです。

CDや外部の音楽ファイルもApple Musicに取り込める

正確にはPCでiTunes経由で取り込む形になりますが、CDや外部の音楽ファイルをApple Musicに取り込んで配信している曲と一緒に聴くことができます。

音楽ファイルを取り込める音楽サブスクは少なく、有名なサブスクでは

  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • LINE MUSIC

の4つのみです。

Amazon Music UnlimitedやYouTube Musicでは音楽を取り込むことができないことを考えると、Apple Musicで聞ける音楽の自由度はかなり高いですね。

よた

CDをよく買う人はApple Musicが使いやすいですね。

Apple Musicの2つのデメリット

無料プランがない

Apple Musicは、高音質で多くの音楽を聴ける優秀なサブスクですが、無料プランがないためお試しで音楽を楽しめません。

今は無料プランで音楽を楽しめるサブスクも増えてきて、

  • Amazon Music
  • Spotify
  • YouTube Music

の3つが、条件付きですが無料で音楽を降る再生できるサブスクです。

Amazon MusicやSpotifyなどの、世界でも人気のサブスクでは無料プランがあるのにApple Musicにはないのは少し残念ですね。

音楽サブスクに月額980円使うか迷っている人は、SpotifyやAmazon Musicが無料プランで使えることを考えるとこの2つのほうがおすすめできますね。

空間オーディオを楽しめるのが限定的すぎる

Apple Musicの一番の魅力である空間オーディオですが、体験できるデバイスが限定的すぎるためしっかり楽しめる人は多くはないでしょう。

最新に近いiPhoneやiPadではないと空間オーディオを体験できなかったり、イヤホンやヘッドホン付きだとAirPodsやBeatsXなどのH1、W1チップ付きのワイヤレスイヤホンじゃないと楽しむことができません。

対して、Amazon Music Unlimitetはすべてのデバイスやイヤホンに対応しているので、気軽に空間オーディオを楽しむならApple Musicはなかなか敷居が高いのが難点です。

よた

一番の魅力である空間オーディオを、気軽に楽しめるのはAmazon Music Unlimitedというのはもったいない。

Apple Musicがおすすめな人&合わない人

おすすめな人
  • 空間オーディオで迫力のある音楽を楽しみたい
  • ロスレス・ハイレゾで高音質を楽しむ
  • シンプルなUIデザインが好き
  • CDやApple Music以外の音源を使用したい
合わない人
  • 無料で音楽を聴きたい
  • AirPodsやiPhoneを持っていない

空間オーディオやロスレス・ハイレゾに対応したことによって、より本格的に音楽を楽しめるようになりました。

とくに空間オーディオの没入感はすさまじく、迫力のある音楽を楽しみたい人はApple Musicがおすすめです。

また、シンプルでわかりやすいUIデザインでだれでも使いやすいようになっているので、あまり音楽サブスクを利用したことがない人やシンプルなUIが好きな人はApple Musicが使いやすいと思います。

クセがなく、高音質で曲数が充実しているApple Musicは多くの人にとって使いやすく誰にでもおすすめできるサブスクになっています。

ただし、まずは無料プランで音楽を楽しみたいというひとにはApple Musicはおすすめできません。

無料プランで音楽を楽しむなら、SpotifyやYouTube Musicあたりが使いやすくおすすめできるサブスクになっています。

そして、せっかくの魅力である空間オーディオは使える人が限定的なので気軽に楽しむということが難しく、気軽に楽しみたい人はAmazon Music Unlimitedがおすすめです。

まとめ:没入感のある音楽を楽しみたいならApple Music

空間オーディオを楽しめる人は限定的にはなりますが、体験することができる人には間違いなくおすすめできるサブスクです。

また、シンプルなUIに使いやすい検索機能であまりサブスクを使ったことがない人にもおすすめです。

よた

初めてのサブスクなrたApple Musicが個人的に一番おすすめです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次